マネーゲーム

【経済用語】金融機関って?金融の取引に関する業務を行う企業である。この場合、狭義にはいわゆる銀行などの預貯金取扱金融機関のみであるが、反対に広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
金利の数字に鋭い反応を示す購入しやすい商品であれば、安全かつ確実に貯めることができる貯蓄型の定期預金(一定期間は引き出せないが、普通預金より金利が高い)、積立定期(積立ごとに満期を迎える)に代表される銀行預金であるとか個人向けの国債などの金融商品があげることができる。
運用管理費用は大体0.1~1%程度であって、インデックスファンド(市場の商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)も含めた一般的な投信に比較してみてかなり低く設定されていて、長期投資の際にちょうどよい投資商品であるとされているのだ。
英語のバンクという単語はあまり知られていないけれどイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来すると言われている。ヨーロッパ一古い銀行にはびっくり。15世紀に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行であるという。
【ポイント】金地金って?現物を取り扱わない純金積立とは異なり、金地金(純金の現物)を地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等の純金販売業者が売買する。重量500g未満の地金購入の際には加工手数料がかかる。このため、基本的には500g以上をまとめて購入します。
間違えやすいけれど、株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、企業は出資されても購入した株主に対して出資金等の返済しなければならないという義務は負わないから注意を。そのうえ、株式は売却によって換金するものである。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、主として日本における損害保険業全体の正しく良好な発展そして信頼性を高めることを図ることにより安心、なおかつ安全な世界を形成することに役立つことを協会の事業の目的としている。
自分の国以外の株式市場または不動産に投資をすると、自分が投資した国のマスコミなどから「外国人投資家」などと偏見を込められた呼ばれ方をされて、しばしばその国の投資家たち以上に存在や活動が注目される事さえあるのだ。
【常識】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行う売買手法)のうち、さらにほんのわずかな時間に1,2ティック株価が値動きしたのを知ると売買と反対決済を行うやり方のことを指して「スキャルピング」(簡略に「スキャ」「スキャル」とも)と言っています。
つまり「投機家」とか「トレーダー」が当たり前の「買い」だけではなく、多くの場合は空売りという方法による「売り」からも入るという結果に比べて、一般の人はたいていは、買い注文から入る。
1973年に設立された日本証券業協会とは、協会員である金融機関が行う株券などの有価証券に関する売買等といった取引等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業の堅調なますますの発展を図り、出資者を守ることを協会の目的としている。
【用語】アセットアロケーションって何?投資配分(投資配分)は最初に出来上がったら最後ではないのです。出来上がったアセット(資産)アロケーション(配分)の取引状況を常時点検し続けることが必須になります。
【解説】外貨両替とは何か?海外旅行にいくとき、他には手元に外貨をおく必要がある、そんなときに利用機会が多い。円に対して不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
今の時代当たり前のビジネスマンとして株式など金融市場の商品へ投資することは必須な時代である。株式などへ投資をすることはお金が殖やせるというメリットだけでなく、経済や金融についての知識や情報、施術などを覚えることができ、ビジネスセンスも磨かれることになる。
【金融商品】ストップロスという手法が、出来ない人は、儲けることが出来ないのである。切り捨てるべき損を認める勇気を持つことが不可欠である。もし、ストップロスが無理な人であれば、投資はしない方がよい。